無料マンガ案内所

お探しのマンガを無料で読む方法が見つかります

ネタバレ

鬼滅の刃「5巻」のネタバレ!十二鬼月「累」との決着まで

  • お父さん鬼ってヤバイの?
  • 誰が十二鬼月なの?
  • 炭治郎たちは生きて帰れるの?

などなど、気になることだらけな方のために、ここでは鬼滅の刃「5巻」のストーリーをネタバレでご紹介しています

4巻を上回る内容になっているので、ぜひチェックしてください。

鬼滅の刃「5巻」の収録話

  • 35話「散り散り」
  • 36話「これはやべぇ」
  • 37話「折れた刀身」
  • 38話「本物と偽物」
  • 39話「走馬灯の中」
  • 40話「ヒノカミ」
  • 41話「胡蝶しのぶ」
  • 42話「後ろ」
  • 43話「地獄へ」

前巻のあらすじ

炭治郎は、善逸、伊之助と共に行動するようになります。

激闘のキズを癒した3人は、任務のため那田蜘蛛山へと向かいました。

そこには鬼の家族が住んでいます。

炭治郎たちを倒そうと、色んな鬼たちが襲いかかってきました。

  • お母さん鬼
  • 首がない鬼
  • 体が蜘蛛の鬼

どれもクセのある鬼ばかりで、一筋縄では行きません。

なんとか敵を退けてきた炭治郎と伊之助の前に、強力な「お父さん鬼」が登場します。

すでに負傷している2人は、このピンチを切り抜けることができるのでしょうか?

35話「散り散り」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
嘴平伊之助
(はしびらいのすけ)
炭治郎と同期
イノシシの皮を被ってる
お父さん鬼

お父さん鬼はとても強く、炭治郎たちは苦戦を強いられます。

強い鬼ほど体が硬く、炭治郎たちの力では斬ることができません。

炭治郎が木を切り倒して、お父さん鬼を下敷きにし、斬ろうと近づいたそのときでした。

お父さん鬼は、木を振り回して炭治郎を吹き飛ばします。

遠くへ吹き飛ばされながら炭治郎は、伊之助に「自分が戻るまで死ぬな」「そいつが十二鬼月だ」と言います。

なんとか着地した炭治郎。

そこには、血を流している女の子の鬼と、血が滴る糸をもつ累(るい)の姿がありました。

36話「これはやべぇ」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
嘴平伊之助
(はしびらいのすけ)
炭治郎と同期
イノシシの皮を被ってる
お父さん鬼
累(るい) 男の子の鬼

「傷つけているが、仲間じゃないのか?」

と問いかける炭治郎に、累は、

「家族だ。より強い絆で結ばれている。」

そう答えます。

しかし、炭治郎は「恐怖で支配する、そんなものは絆とはいわない」と説きます。

そんなやり取りをしているところへ、1人の鬼殺隊員がやってきました。

累を見て子どもだと思ったのか、斬りかかります。

ところが、累の糸によって一瞬のうちにバラバラにされてしまうのでした。
*通称「サイコロステーキ先輩」

累は、自分たちの絆を否定した炭治郎に対して、激しく怒ります。

一方、伊之助はお父さん鬼との戦いで大苦戦していました。

これまで考えなしに突っ込んでいた伊之助ですが、頭で考えようとします。

しかし、自分らしくないと感じた伊之助は、結局作戦なしの正面突破をこころみます。

1本の刀を、もう1本の刀で叩くことで、なんとかお父さん鬼の腕を斬ることができました。

腕を斬られて逃げるお父さん鬼と、それを追う伊之助。

追い詰めたと思った伊之助でしたが、お父さん鬼は脱皮をはじめます。

すでに大きかったお父さん鬼は、さらにもう1回り大きくなってしまいました。

37話「折れた刀身」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
嘴平伊之助
(はしびらいのすけ)
炭治郎と同期
イノシシの皮を被ってる
冨岡義勇
(とみおかぎゆう)
鬼殺隊・水柱
お父さん鬼
累(るい) 男の子の鬼

伊之助は、さらにパワーアップしたお父さん鬼にも、なんとか臆さず立ち向かいます。

しかし、首を斬ろうとしたら刀が2本とも折れてしまいました。

その後、鬼に首を掴まれ、ものすごいパワーで締め上げられます。

走馬灯がみえ、いよいよ殺されかけたそのとき、お父さん鬼の腕がスパッと斬り落とされます。

そこにいたのは、冨岡義勇でした。

ギリギリのところで助けに入った冨岡義勇は、そのままいとも簡単にお父さん鬼を斬り捨てます。

その頃、炭治郎は累に立ち向かおうとしていました。

累の糸が炭治郎をめがけて飛んできます。

糸を技ではねのけようとしたその時、炭治郎の日輪刀は折れてしまうのでした。

38話「本物と偽物」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
襧豆子 主人公の妹で、鬼
累(るい) 男の子の鬼

刀が折れ、何もできずに追い詰められる炭治郎。

いよいよ累の糸が炭治郎を囲み、「避けられない」そう覚悟をきめたときでした。

箱に入っていた襧豆子が、飛び出して炭治郎をかばいます。

家族が身をていして守ろうとした姿に、累は「それこそ本物の絆だ」と興奮します。

そして、何を勘違いしたのか「妹をよこせ」と要求してくるのでした。

累は、本当の絆を理解しておらず、絆を見せた襧豆子を手に入れれば、一緒に絆が手に入ると勘違いしているのです。

炭治郎は、妹を物のように考えている累に怒ります。

怒りながら、倒すと宣言する炭治郎に、累はこう告げるのでした。

「できるならやってごらん。十二鬼月の僕に勝てるならね。」

39話「走馬灯の中」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
襧豆子 主人公の妹で、鬼
累(るい) 十二鬼月
下弦の伍

以前、珠世から「十二鬼月」は眼球に数字が刻んであると教えられていました。

そして、累の眼球にはたしかに「下伍」という文字が刻んであったのです。

あっという間に襧豆子を奪われてしまいますが、炭治郎は落ち着いて戦おうとします。

技の中でも、1番精度が高い「水の呼吸 拾ノ型 生生流転(せいせいるてん)」を繰り出す炭治郎。

回転を増すごとに強くなる斬撃によって、累の糸を斬ることに成功します。

しかし、イケると思ったのもつかの間、累はさらに強い糸を繰り出し、炭治郎をバラバラにしようとします。

死を覚悟した炭治郎の走馬灯に、父があらわれ助言します。

「炭治郎、呼吸だ。息を整えて、ヒノカミ様になりきるんだ。」

40話「ヒノカミ」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
襧豆子 主人公の妹で、鬼
累(るい) 十二鬼月
下弦の伍

父の言葉を思い出した炭治郎は、とっさに「ヒノカミ神楽 円舞」を繰り出します。

その技は、累の糸を斬ることができました。

とはいえ、相手は十二鬼月。

一瞬のうちに別の糸をあやつり、炭治郎にチャンスを与えません。

退かずに前進した炭治郎は、やっと累の首に「隙の糸」を見つけます。

しかし、そのまま進めば炭治郎もタダではすみません。相打ち覚悟で刀を振ります。

そのとき、気を失っていた襧豆子が目を覚まし、血鬼術「爆血(ばっけつ)」を放ちました。

爆血は、襧豆子の血を燃やし、爆ぜさせるというもの。

襧豆子のおかげで累の糸は燃えおち、炭治郎の刀が相手の首へと届きます。

炭治郎の刀には、襧豆子の血が飛び散っていたため、爆血の勢いが乗りさらに加速します。

次の瞬間、累の首は宙を舞っていました。

41話「胡蝶しのぶ」のネタバレ

登場する主なキャラクター
胡蝶しのぶ 鬼殺隊・蟲柱
女の子の鬼

累を恐れている女の子の鬼は、命令され他の鬼殺隊の始末へとむかいます。

そんな女の子の鬼のもとへ、1人の女性鬼殺隊員がやってきます。

女の子の鬼は、勝てないと思い、許しをこいます。

すると、その女性隊員は「わかりました」といい、ある質問をしました。

「今まで何人殺したのか」

とっさに嘘の答えを言ってしまった鬼ですが、すぐに見破られてしまいます。

鬼はなぜそんなことを確認するのかと聞くと、女性隊員は笑顔で「殺された人の分だけ拷問をする」と言いました。

痛みを経ることで、これまでの罪を洗い流してくださいと言うのです。

それを聞いた鬼は、「冗談じゃない!」と言いながら攻撃をしかけますが、あっという間に体を刺されてしまいます。

しかし首は飛んでいません。

首が斬られないことに安心した鬼でしたが、次の瞬間、死んでしまいました。

女性隊員の名は「胡蝶しのぶ」といい、鬼殺隊・蟲柱で、唯一鬼を毒で殺せる剣士だったのです。

42話「後ろ」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
冨岡義勇
(とみおかぎゆう)
鬼殺隊・水柱
累(るい) 十二鬼月
下弦の伍

炭治郎は、激しい戦闘によりまともに動くこともできません。

そんな炭治郎の後ろに、累があらわれます。

首を斬ったように見えていたのですが、実際は、累が自分で自分の首を斬っていたのでした。

激怒した累は、炭治郎を殺そうとします。

今度こそ終わりだと思ったそのとき、冨岡義勇があらわれ、炭治郎を救いました。

邪魔をされたことで、累はターゲットを冨岡義勇に変えます。

全力の血鬼術で攻撃しますが、冨岡義勇には1つも届きません。

動揺する累ですが、まばたきをした次の瞬間には、冨岡義勇により首を斬られていました。

43話「地獄へ」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
冨岡義勇
(とみおかぎゆう)
鬼殺隊・水柱
累(るい) 十二鬼月
下弦の伍

斬られたことで死にゆく累は、人間だった頃を思い出してしました。

生まれつき体が弱かった累は、ある日鬼舞辻の手によって鬼へと変わります。

体は強くなったものの、人を食らう子どもの姿を見て、両親は悲しんでしました。

そして、ある日累を殺して自分も死のうとしたのです。

幼かった累は、自分のことを殺そうとする親の気持ちを理解できません。

それからというもの、父と母が恋しかった累は、いつしか家族を作ることに執着していたのです。

過去を思い出した累からは、悲しい匂いが溢れていました。

それを感じ取った炭治郎は、累に優しく手をそえます。

温かさを感じたまま、累は消えてなくなるのでした。

鬼滅の刃「5巻」のネタバレまとめ

  • お父さん鬼に苦戦する炭治郎と伊之助
  • 炭治郎はお父さん鬼に飛ばされて累のところへ
  • 伊之助は、パワーアップしたお父さん鬼と戦い刀が折れる
  • 炭治郎も、累との戦いで刀が折れる
  • 伊之助のピンチを冨岡義勇が助ける
  • 累との戦いで炭治郎と襧豆子の新たな力が覚醒
  • 最終的には、累を冨岡義勇が倒す

鬼滅の刃「5巻」の感想

5巻はちょっと疲れる。。。

5巻はとにかくピンチの連続で、読んでて疲れました。

ハラハラしっぱなしとでも言いましょうか。

刀は折れるし、相手は十二鬼月だし、もうこりゃやべーでしょ!という状態がずっと続きますから。

ただ、炭治郎ではなく冨岡義勇が倒すあたりは、上手いな〜と感じました。

下っ端が、そんな都合よく十二鬼月を倒せるわけがないという、リアルな要素を取り入れているのは高評価です。

この先、どのようにストーリーを展開させるつもりなのか、これまで以上に楽しみです。

鬼滅の刃を無料で読める漫画アプリありますよ!

全巻無料!とはいきませんが、途中までなら無料で読むことができます。

漫画アプリを利用するだけですし、面倒なことは一切ありません。

利用するのは「少年ジャンプ+」という漫画アプリです。

読むためにはちょっとしたコツがあるので、興味のある方は、次の記事を参考にしてください。

>>漫画「鬼滅の刃」を無料で読む方法はコチラ

まとめ

鬼滅の刃「5巻」では、お父さん鬼との激闘から、十二鬼月である累との決着までが描かれていました。

次の6巻では、

  • 炭治郎たちのその後
  • 鬼殺隊のトップ「柱」が大集結
  • 鬼舞辻 無惨の企み

などなど、5巻を上回る重要情報がたくさん描かれています。見逃し厳禁です!

-ネタバレ