無料マンガ案内所

お探しのマンガを無料で読む方法が見つかります

ネタバレ

鬼滅の刃「3巻」のネタバレ!矢印、手毬の鬼から元・十二鬼月まで

  • 矢印の鬼、手毬の鬼との勝負はどうなるの?
  • 襧豆子は元にもどるの?
  • 新たな敵は現れるの?

などが気になる方のために、鬼滅の刃「3巻」のストーリーをネタバレでご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

鬼滅の刃「3巻」の収録話

  • 17話「矢印鬼」
  • 18話「呪縛」
  • 19話「ずっと一緒にいる」
  • 20話「我妻善逸」
  • 21話「鼓屋敷」
  • 22話「突然の猪」
  • 23話「猪は牙を剥き善逸は眠る」
  • 24話「元十二鬼月」
  • 25話「己を鼓舞せよ」

前巻のあらすじ

最終選別を見事クリアし、はれて鬼殺隊へ入れた炭治郎。

あまり手にする者がいない「黒い日輪刀」を手に、さっそく1つ目の任務へと旅立ちます。

任務では「沼の鬼」と対峙するも、襧豆子と協力して難なく退けます。

沼の鬼を倒すことはできましたが、鬼の情報は何も聞き出せないままでした。。。

休む間も無く2つ目の任務が言い渡され、東京・浅草へと旅立つのですが、そこで家族を殺した「鬼舞辻 無惨(きぶつじむざん)」と偶然出会います。

しかし、ハプニングにより鬼舞辻を捕らえることができません。

鬼舞辻には逃げられましたが、

  • 珠世(たまよ)
  • 愈史郎(ゆしろう)

という2人の鬼の協力者を得ることができました。

炭治郎と同じく鬼舞辻を恨んでいることや、鬼を治す方法があることを教えてくれた2人に、炭治郎は協力することを申し出ます。

一方その頃、炭治郎をジャマだと判断した鬼舞辻は、2人の鬼を仕向けます。

果たして、炭治郎は鬼を退け、襧豆子を人へと戻すことができるのでしょうか。

17話「矢印鬼」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
襧豆子 主人公の妹で、鬼
珠世
(たまよ)
鬼舞辻を恨んでいる鬼
愈史郎
(ゆしろう)
珠世の助手
珠世のことが大好き
朱紗丸
(すさまる)
手毬の鬼
矢琶羽
(やはば)
矢印の鬼

愈史郎のサポートにより、矢印の鬼のワザが見えるようになった炭治郎は、まず最初に矢印の鬼を倒すことにします。

しかし、矢印に触れた瞬間、刀や体には矢印と同じ方向に力がはたらくため、なかなか攻撃のチャンスを見出すことができません。

ギリギリで回避しながら、なんとか策を考えます。

そんなとき思い浮かんだのが、技の応用でした。

飛んでくる矢印を「ねじれ渦・流流」で巻き取り、矢印の勢いを利用したまま次の技を放とうと考えます。

策はみごと成功し、「弐ノ型・改 横水車」を打ち込む炭治郎。

その刃は、矢印の鬼の首へ届くのでした。

18話「呪縛」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
襧豆子 主人公の妹で、鬼
珠世
(たまよ)
鬼舞辻を恨んでいる鬼
愈史郎
(ゆしろう)
珠世の助手
珠世のことが大好き
朱紗丸
(すさまる)
手毬の鬼
矢琶羽
(やはば)
矢印の鬼

首を斬られた矢印の鬼は、炭治郎を道連れにしようと、最後の能力を使います。

炭治郎の体には、無数の矢印が突き刺さっていました。

矢印の方向へ引っ張られるため、何もしなければ死んでしまうと考えた炭治郎は、技を繰り出すことで衝撃をやわらげようとします。

何度も技を出していると、ようやく矢印の力が消えました。

しかし、炭治郎もタダではすみません。

アバラと脚の骨が折れてしまい、技を連発したことでろくに動くこともできない状態です。

少し離れた場所では、襧豆子が手毬の鬼と戦っていました。

はじめは手毬の鬼に押されていたものの、次第に強くなりはじめ、ついには手毬を蹴りかえすほどにまでに成長します。

そんなとき、珠世が手毬の鬼へ問いかけます。

「貴方は鬼舞辻の正体をご存知ですか?」

鬼たちは鬼舞辻の名前を口にしてはいけないため、手毬の鬼は動揺を隠せません。

珠世が、間髪入れずに鬼舞辻の悪口をいっていると、手毬の鬼はとうとう名前を口にしてしまいました。

「ギャアアア、お許しください」

と叫ぶ手毬の鬼でしたが、次の瞬間、腹部から2本、口から1本のウデが飛び出てきたのです。

19話「ずっと一緒にいる」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
襧豆子 主人公の妹で、鬼
珠世
(たまよ)
鬼舞辻を恨んでいる鬼
愈史郎
(ゆしろう)
珠世の助手
珠世のことが大好き
朱紗丸
(すさまる)
手毬の鬼

口から飛びたウデは、手毬の鬼の頭をつかむと、

「グシャッ」

という音を立てて握りつぶしました。

珠世いわく、鬼の細胞は「太陽の光」と「日輪刀」だけでなく、鬼舞辻の力でも破壊することができるのだとか。

また、今回倒した鬼が、鬼舞辻の本当の部下「十二鬼月」では無いともいいます。

  • 手毬の鬼
  • 矢印の鬼

どちらも、十二鬼月としては弱過ぎるとのことでした。

苦戦してやっと倒せた鬼が「弱い」という事実を知り、炭治郎はショックを受けます。

しかし、落ち込んでもいられません。

珠世たちは、鬼舞辻に近づきすぎたため姿を隠し、炭治郎は次の鬼退治へと進みます。

次の目的地は「南南東」。

移動する炭治郎は、おかしな光景を目にします。

嫌がる女性に「結婚してくれ」と泣きながら懇願している、1人の男がいたのです。

20話「我妻善逸」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
我妻善逸
(あがつまぜんいつ)
炭治郎と同期
髪が黄色

女性にすがりついていた男は、なんと鬼殺隊員でした。

しかも、最終選別のときに炭治郎と同じところにいたというではありませんか。

善逸は、

  • 女に騙されて借金を作った
  • その借金を返してくれた人が「育手」だった
  • 地獄の鍛錬をしてきた
  • 最終選別で死ぬと思ったら生き残った
  • めちゃくちゃ弱いから次の任務で死ぬ

と炭治郎に身の上話を打ち明けます。

次の任務が同じだと知った炭治郎は、善逸と目的地を目指しました。

とある家に到着すると、炭治郎は血の匂いに気づきます。

鼻のきく炭治郎と違い、善逸は耳がとてもよく、匂いではなく「奇妙な音」に気づきます。

炭治郎は、近くの茂みに幼い兄妹が隠れているのを見つけました。

兄妹は、お兄ちゃんが化け物にさらわれて、その後を追ってきていたのです。

話を聞いていると、

「ポンッ」

という鼓の音とともに、家の窓から血だらけの男が降ってきました。

21話「鼓屋敷」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
我妻善逸
(あがつまぜんいつ)
炭治郎と同期
髪が黄色
鼓の鬼 体に鼓が埋め込んである鬼

血だらけの男は、すぐに息絶えました。

他にも、家の中に捉えられている人がいることを知った炭治郎は、全力でイヤがる善逸を連れて、家の中へと入ります。

家へ入るときに、襧豆子の入ったカゴを兄妹のもとへ置いていきましたが、兄妹が襧豆子を置いて後をついてきました。

そのため、家の中には、

  • 炭治郎
  • 善逸
  • 兄妹

の4人が入り、襧豆子だけ外に取り残されてしまいます。

4人が話をしていると、「ポンッ」という鼓の音が聞こえると同時に、部屋が一瞬で変わりました。

突然のできごとに、炭治郎は状況がつかめません。

また、部屋が変わるときに、

  • 炭治郎+女の子ペア
  • 善逸+男の子ペア

の2手に別れてしまいます。

炭治郎が女の子を落ち着かせていると、体中に鼓を埋めこんだ鬼があらわれました。

鬼は、鼓を鳴らすことで部屋を回転させる能力を持っていて、炭治郎は攻撃することができません。

そんな炭治郎たちの部屋に、

「猪突猛進!猪突猛進!」

と叫びながら、イノシシの皮を被った謎の男が突入してきます。

22話「突然の猪」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
我妻善逸
(あがつまぜんいつ)
炭治郎と同期
髪が黄色
鼓の鬼 体に鼓が埋め込んである鬼
謎のイノシシ男 日輪刀を持っている

炭治郎は、イノシシ男が両手に日輪刀を持っていることに気づきます。

イノシシ男は、興奮しながら鬼へと斬りかかるも、血鬼術により近くことができません。

イノシシ男が、女の子を踏みつけたことに炭治郎は怒り、イノシシ男は炭治郎にも斬りかかります。

2人が争っていると、鬼が鼓を鳴らしました。

すると、畳が切り裂かれたではありませんか。

鼓の鬼は、部屋を回転させるだけでなく、遠距離攻撃も持っていたのです。

手も足も出ない炭治郎でしたが、次の瞬間、部屋がまた変わりました。

しかし、部屋を変えたのは鼓の鬼ではないことがわかり、他にも鬼がいるのではと推察します。

一方その頃、善逸は怯えに怯えていました。

男の子が引くくらい怯えていると、鼓の鬼ではない別の鬼が現れ、善逸は絶叫します。

23話「猪は牙を剥き善逸は眠る」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
我妻善逸
(あがつまぜんいつ)
炭治郎と同期
髪が黄色
謎のイノシシ男 日輪刀を持っている
舌の長い鬼
太った鬼

善逸たちは、舌の長い鬼から逃げるも、追い詰められてしまいます。

あまりの恐怖に気を失った善逸は、そのまま眠ってしまうのでした。

男の子を殺そうと、鬼が舌を伸ばしたそのとき、一瞬のうちに鬼の舌が斬られます。

斬ったのは、寝ていたはずの善逸でした。

しかし、先ほどまでの善逸とはどうも様子が違います。

抜刀の姿勢をとり、「雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃(へきれきいっせん)」と言った次の瞬間、鬼の首もポトリと落ちました。

善逸は、眠ると強くなる体質だったのです。

同じ頃、別の部屋へ飛ばされたイノシシ男も、屋敷内をかけまわっていました。

目の前に、太った鬼が現れても、難なく首を斬り落としてすすみます。

鼓の鬼は、ブツブツと独り言を言いながら、家の中を徘徊しています。

「稀血(まれち)さえ喰えば、また十二鬼月にもどれる」

24話「元十二鬼月」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
響凱
(きょうがい)
鼓の鬼
元・十二鬼月

響凱には、人間を食べる量が減り、これ以上強くなれないと鬼舞辻に見切りをつけられた過去がありました。

「十二鬼月」の称号を剥奪される前は、鬼舞辻の部下の1人だったのです。

もう1度力をつけて認めてもらうため、「稀血(まれち)」の人間を探して食べようとしていました。

その稀血の人間こそが、兄妹が探していた兄です。

稀血は、鬼にとって栄養価が高く、1人で50〜100人を食べたのと同じくらいのパワーが得られます。

炭治郎は、このままでは兄妹が危ないと考え、鬼を退治する決心をします。

その後すぐに、響凱との一騎打ちがスタートしました。

アバラと脚を骨折している炭治郎は、なかなか相手の懐へ飛び込めません。

しかし、それではダメだと自分を鼓舞します。

25話「己を鼓舞せよ」のネタバレ

登場する主なキャラクター
炭治郎 主人公
響凱
(きょうがい)
鼓の鬼
元・十二鬼月

響凱は、鬼になってからも、小説を書いていました。

しかし、誰からも認められず、しまいにはバカにされる始末。。。

そんな過去を思い出した響凱は怒り、さらに鼓を打つスピードを上げます。

攻撃が激しくなっても、炭治郎はあきらめません。

動き方を変えて、なんとか懐に入り込んだ炭治郎は、ようやく「隙の糸」を見つけます。

「君の血鬼術はすごかった!」

そう響凱のことを讃えると、首を斬り落としました。

認められたことに満足した響凱は、涙を流しながら崩れ去ります。

鬼を倒した炭治郎は、兄妹といっしょに屋敷を出ます。

そこで目にしたのは、襧豆子の入った箱を傷だらけになりながら守る善逸と、暴力をふるうイノシシ男の姿でした。

鬼滅の刃「3巻」のネタバレまとめ

  • 矢印の鬼、手毬の鬼を倒す
  • 旅の途中で善逸と出会う
  • 善逸と一緒に「鼓の鬼」の退治へ向かう
  • 鬼の屋敷の中でイノシシ男と出会う
  • それぞれ違う鬼を撃破
  • 炭治郎が元・十二鬼月を倒す

鬼滅の刃「3巻」の感想

これから面白くなりそう!

  • 我妻善逸
  • イノシシ男

この2人は、気になる点がありすぎます。

なぜ眠ったら強くなるのか?雷の呼吸とは?呼吸の種類はたくさんあるの?

などなど、善逸1人だけでも気になることが多いのに、謎のイノシシ男が登場ですからプチパニックです(笑)

善逸は仲間っぽいですし、これから物語が大きく展開していきそうな点は高評価です。

善逸が格好良い!

善逸の技「霹靂一閃」が、シビれます!

刀で居合系って、好きな人も多いんじゃないでしょうか?

文字だけだと伝わりにくいので、機会があればぜひ単行本で見ていただけるとわかると思います。

中ボス級早くない!?

元・十二鬼月が登場って、早すぎな気がします。

しかも倒してしまうという。。。

  • 鬼舞辻 無惨
  • 十二鬼月
  • その他の鬼

というピラミッドになっていると思うので、このままだと十二鬼月と戦うのも近いのではと思わせる内容に、そろそろ心配になってきました。

鬼滅の刃を無料で読める漫画アプリありますよ!

全巻無料!とはいきませんが、途中までなら無料で読むことができます。

漫画アプリを利用するだけですし、面倒なことは一切ありません。

利用するのは「少年ジャンプ+」という漫画アプリです。

読むためにはちょっとしたコツがあるので、興味のある方は、次の記事を参考にしてください。

>>漫画「鬼滅の刃」を無料で読む方法はコチラ

まとめ

鬼滅の刃「3巻」は、矢印の鬼、手毬の鬼を倒し、元・十二鬼月まで倒すところまでが描かれていました。

4巻では、

  • イノシシ男について
  • 新たな強敵の出現

などが描かれているので、そちらも要チェックです。

-ネタバレ